Column(コラム)

#008-02 県内の良い処、建築家による大学施設へ

 大学は用事が無ければ行く機会のない場所です。近くにある岡山大学津島キャンパスも犬の散歩以外は行く機会がありません。この度、「IPU環太平洋大学カフェテリアHARMONYオープン記念 安藤忠雄建築ツアー」が行われ、初めてIPU(環太平洋大学)を訪れました。岡山大学でもSANAA(妹島和世氏と西沢立衛氏による建築家ユニット。以前、column#005-1に掲載。)の建築作品が完成しているので、津島キャンパスと鹿田キャンパスを訪れました。少しずつ、大学が変わろうとしているのでしょうか?まずは岡山大学から紹介いたします。

○岡山大学

●津島キャンパス パーゴラ

01:一枚の鉄板が一つながりになっているかの様。

02:柔らかい曲線の中に樹木が点在している。樹木が大きくなればより良い空間に。

​03:柱の長さを変化させて屋根面の高さを緩やかに変化させている。

○岡山大学

●津島キャンパス Junko Fukutake Terrace

04:ガラスで囲まれたカフェ。開放的な雰囲気。

05:カフェはどなたでも利用することが出来る。

06:カフェと休憩スペースが同じ屋根の中にある。

07:既存の樹木、新植した樹木、芝生の中に建っており、空間のゆとりを感じる。

​08:津島キャンパスの正門近くにある。

○岡山大学

●津島キャンパス Junko Fukutake Hall

09:道路から入ってすぐ見える場所にある。

10:屋根と屋根が重なりあう。屋根先の汚れが若干気になるところ・・。

11:ガラスで囲まれており、開放的な印象。

12:屋根に注目してみると微妙に湾曲しているのが分かる。

13:屋根の白、落ち葉の赤。天気が良ければ青空。

​14:入り口周辺。手前の低い屋根が「屋根下広場」。

次はIPU(環太平洋大学)へ。

○IPU

15:道路から施設を見る。高さを抑えているため、風景に溶け込んでいるように見える。

●PHILOSOPHIA

16:「PHILOSOPHIA」内のゆったりとした石張スペース(その1)。

17:「PHILOSOPHIA」内のゆったりとした石張スペース(その2)。

18:「PHILOSOPHIA」内のゆったりとした石張スペース(その3)。

19:打ち放しコンクリートの壁とスリット。安藤建築の象徴的構造物。

20:「PHILOSOPHIA」の裏側のスペースが良い雰囲気。

21:「PHILOSOPHIA」の裏側のスペース。訪れる人は少ないかもしれないが、非常に落ち着く素晴らしい空間。

22:「TOPGUN」から「PHILOSOPHIA」を見る。自然の中に溶け込んでいる。

●TOPGUN

23:「TOPGUN」内の廊下。内部には柔道場、剣道場などがある。

24:円形の抜きがかなり効いている。奥の施設に行くときに必ず通る場所。

​25:空の道場。この場所でトレーニングを行うこともあるそう。